ハードウェア

【PS5】HDMI2.1(4K120Hz)対応ディスプレイまとめ(2022年)

4K120Hzのテレビの他にディスプレイも探すかー


4K解像度を120Hzの滑らかさで処理できるPS5。

しかし4K120Hzというのは2022年3月現在の一般的なテレビよりも高いスペックを要求するので、対応しているテレビは多くない。

そして値段も高めになる


ではPC用のディスプレイ(モニター)はどうだろうか。

同じようにHDMI2.1に対応していて画面側も4K120Hz出力に対応していればPS5の性能を引き出せるはず。

そこで今回は2022年3月現在のHDMI2.1(4K120Hz)対応ディスプレイまとめについて紹介する。

この記事を書いている人


システムエンジニア、AIエンジニアと、IT業界で10年以上働いている中堅。PythonとSQLが得意。PS5が買えなすぎて自分の中では日本未発売。ソニーはアメリカ企業だと思っている。

記事を読むメリット

PS5用のHDMI2.1(4K120Hz)対応ディスプレイがわかり、テレビやディスプレイを新しく買う際の指針になる。


PS5向けのテレビやディスプレイの関連記事

PS5については4K/120fpsに対応した機器を調査した記事を種別ごとに書いており、それぞれ記事にしている。

各回については対象の記事を参照してほしい。



PS5向きの4K 120Hz HDMI2.1対応ディスプレイ調査

ではPS5向きの HDMI2.1 (4K 120Hz)に対応している機種はどれなのか。



LG

機種 4K120p 記載内容 備考
UL500-W x 4K(3840×2160)対応 120Hzに関する記述無し
GP950-B HDMIでも4Kで120Hzまで表示 -


LGの4K(3840×2160)解像度のディスプレイは2022年3月現在で2機種掲載されている。

その中で120Hz対応を謳っているのは GP950-B の方のみ。

サイズも27インチのみなのでPCと併用するには良いかもしれない。




GIGABYTE

機種 4K120p 記載内容 備考
M28U HDMI 2.1 (support 4K 144Hz 4:4:4 @ DSC enabled or 4K 144Hz 4:2:0) x2 HDMI2.1対応でリフレッシュレートも120Hz、144Hzに対応している
M32U HDMI 2.1 (support 4K 144Hz 4:4:4 @ DSC enabled or 4K 144Hz 4:2:0) x2 同上
AORUS FI32U HDMI 2.1 (support 4K 144Hz 4:4:4 @ DSC enabled or 4K 144Hz 4:2:0) x2 同上
AORUS FV43U HDMI 2.1 (support 4K 144Hz 4:4:4 @ DSC enabled or 4K 144Hz 4:2:0) x2 同上
AORUS FO48U HDMI 2.1 (support 4K 120Hz 4:4:4 @ DSC enabled or 4K 120Hz 4:2:0) x2 同上


GIGABYTEのディスプレイのうち4K解像度 3840 x 2160 で絞ると5機種が残り、全てがHDMI2.1に対応している。

AORUS FV43U あたりならサイズも大きいので、nasneのようなチューナー機器と合わせればテレビの代わりにもなるだろう。

ただし144Hzまで対応しているためか値段が少し高い



JAPANNEXT

4K液晶モニター

機種 4K120p 記載内容 備考
JN-280IPS144UHDR HDMI 2.1 3840×2160@120Hz -
JN-JN-I28UR-C65W x HDMI 2.0 3840x2160@60Hz -
GX28 HDMI 2.1 3840×2160@120Hz -
JN-IPS2705UHDR x HDMI 2.0 3840x2160@60Hz -
JN-V315UHDRC60W> x 3840x2160@60Hz -

ゲーミングモニター

機種 4K120p 記載内容 備考
JN-315IPS144UHDR-R HDMI 2.1 3840×2160@120Hz -
JN-I245FR240 x HDMI 2.0 1920x1080@240Hz 240Hzだが解像度はフルHD
A-360 x HDMI 2.0 1920x1080@240Hz 240Hzだが解像度はフルHD


JAPANNEXTのモニターは機種が多いが、4K液晶とゲーミングモニターを見てみたところ、 GX28JN-315IPS144UHDR-R はHDMI2.1に対応している模様。

ゲーミングモニターの方は、解像度よりもリフレッシュレートの方に力が入っており、フルHDで240Hz、DisplayPortなら360Hzの出せるような A-360のような機種が存在する。

あくまでゲーミングPCで滑らかなゲーム画像を楽しみたい人向けのようだ。




ASUS

機種 4K120p 記載内容 備考
ProArt Display PA279CV-J x リフレッシュレート(最大) :60Hz -
ROG Swift PG32UQX x HDMI(v2.0)×3 144Hz対応しているがHDMIが2.0
ROG Swift PG32UQ リフレッシュレート(最大) :144Hz
HDMI(v2.1)x 2
-
VA32UQ x リフレッシュレート(最大) :60Hz -
ROG Strix XG27UQ x HDMI(v2.0)x 2 -
ROG Strix XG43UQ リフレッシュレート(最大) :144Hz
HDMI(v2.1)x 2
-
PB27UQ x リフレッシュレート(最大) :60Hz -


ASUSの4KモニターのうちHDMI2.1の4K120Hzに対応できているのは、ゲーミングブランドのROGのROG Swift PG32UQROG Strix XG43UQ 一部。

こちらも結構値が張る。




DELL

機種 4K120p 記載内容 備考
U4320Q x 4K 3840 x 2160 @ 60 Hz -
S3221QS x 4K 3840 x 2160 @ 60 Hz -
UP2720Q x 4K 3840 x 2160 (DisplayPort: 60 Hz, HDMI: 60 Hz) -
UP3221Q x 4K 3840 x 2160 @ 60 Hz -
S2722QC x 4K 3840 x 2160 @ 60 Hz -


DELLのサイトにモニターは数多くあったが、4K解像度HDMI入力で絞ったところリフレッシュレートの選択肢が 60Hz しか残らなかったので、4K120Hz対応モニターは無い模様。



価格

では4K120Hz対応ディスプレイの価格はどうだろうか。

2022年3月時点の価格を、4K120Hzに対応しているテレビと比較してみる。

比較対象テレビ

メーカー 機種 画面サイズ 価格
LG 50NANO85JPA 50V型 89,800

4Kディスプレイ

メーカー 機種 画面サイズ 価格
LG 27GP950-B 27型 108,900
GIGABYTE M28U 28型 95,800
JAPANNEXT JN-315IPS144UHDR-R 31.5型 104,981
ASUS ROG Swift PG 32UQ 32型 229,700


こうして比較すると、テレビと比べてPC用ディスプレイの方が画面サイズが小さいのに高いように見える。

入力端子が異なっていたりするので一概に片方が優れているとは言えないが、HDMI接続でゲームをするのであればPC用ディスプレイよりもテレビを買ったほうが良さそうだ。



まとめ

今回は2022年3月現在のHDMI2.1(4K120Hz)対応ディスプレイまとめについて紹介した。

PC用の4Kディスプレイの中にもHDMI2.1の120Hzに対応している製品がある。

ただしゲーミングモニターはPCでゲームするためのものであり、HDMIよりはDisplayPort接続で120Hz以上のリフレッシュレートを出すところに重きを置いているように見える。

故に

4Kゲーミングモニターはテレビより値段が高い

あくまで「主役はPCでPS5接続はオマケ」と考えて購入するもののようだ。



他にも4Kに関する記事もあるので、もし気になるものがあれば見てみて欲しい

ITipsと同じようなブログを作る方法

ブログに興味がありますか?

もしブログに興味がある場合は↓このページ↓を参考にすれば、ITipsと同じ構成でブログを作ることができます

サーバー、ドメイン、ASPと【ブログに必要なものは全て】このページに書きました。
同じ構成でブログ作るのはいいけど、記事はマネしないでネ (TДT;)

ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログへ

他にもブログやSNSで紹介してくれると励みになります。

はてブのコメントで酷評されると泣きます(´;ω;`)

-ハードウェア
-

© 2022 ITips