ハードウェア

テレビが4K,120Hzに対応しているか確認するポイント

「4K120Hz」っていうけど、どこ確認すればいいの?


一般家庭に広く普及しているテレビ。

テレビを販売しているメーカーは複数あり、種類や値段も色々ある。

その中で最近「4K/120Hz」という文言を目にする。

4K は主に3840×2160ピクセルの縦横解像度を示す言葉で横幅が約4K=4000ピクセルなので4Kと言われる。これまで主流だったフルスペックハイビジョン(1920×1080)の縦横それぞれ2倍で4倍の細かさで表示できる

120Hzは1秒間に120回画像の切り替えができることを言う。通常60Hzなので映像が倍の滑らかになる


これらの機能を搭載しているとより美麗な映像を見ることができるわけだが、どこを確認すればわかるのか。

そこで今回はテレビが4K,120Hzに対応しているか確認するポイントについて紹介する。

この記事を書いている人


システムエンジニア、AIエンジニアと、IT業界で10年以上働いている中堅。PythonとSQLが得意。テレビのスペックを見るとワクワクするが、買い替えが面倒だと思っているタイプ。

記事を読むメリット

テレビが4K,120Hzに対応しているか確認するポイントがわかり、テレビを新しく買う際の指針になる。


テレビが4K,120Hzに対応しているか確認するポイント

テレビが4K,120Hzに対応しているか確認するポイントは以下の3点。

ココがポイント

  • 4K120Hzの入出力対応表記がある
  • 入力がHDMI2.1に対応している
  • 出力が4K120Hzに対応している


パッと見どれも同じように見えるが、微妙に異なるので紹介する。



4K120Hzの入出力対応表記がある

4K,120Hzに対応しているか。

それは4K120Hzの入出力対応表記があるのが最もわかりやすい。


例えばパナソニックだと比較表ゲームモードエクストリーム(HDMI2.1規格対応) の項目があり、対応機種には4K120p入力対応と書かれているので確認しやすい。


他にもAQUOS BW1の仕様表にも 3,840×2,160p : 120Hzに対応 としっかり書かれているのでわかりやすい。

以下のどちらか明言されていれば4K/120Hz対応はできていると見て間違いないだろう。

  • 4K120p入力対応
  • 3,840×2,160p 120Hzに対応



入力がHDMI2.1に対応している

4K,120Hzに対応しているか確認するポイントとして、入力がHDMI2.1に対応しているというのも重要な指標となる。


理由は簡単。

HDMI2.0までの規格では4K/60Hzまでしか対応していないから

4K/120Hzの入力情報を受けつけられるのはHDMI2.1からである。

なのでHDMI2.1に対応していなければ、パネルの性能がどれだけ良くても4K/120Hz映像を楽しむことは出来ない



出力が4K120Hzに対応している

4K,120Hzに対応しているか確認するポイントとして、出力が4K120Hzに対応していることも重要な指標となる。


「4K120Hzの入出力対応表記がある」の項で述べた 3,840×2,160p 120Hz という表記があれば完璧だが、この表記が見つからない場合は仕様の「画質」周りにパネルの速度に

  • 倍速パネル 120Hz
  • 4K

など記載があったりする。

ここで フルHD60Hzパネル など書かれていたらパネル側が4K120Hz対応していないので、たとえHDMI2.1のポートを備えていたとしても4K120Hzの映像は見られない。

実際にパネルだけ4K120Hz対応していて、4K60Hzの入力映像をシステム側で間のフレームを補完して120Hzにアップスケーリングしているパターンがある。



どれが信頼できるか

色々な表記があるが、どれが一番信頼できるのか。

情報を整理すると以下のようになるだろう。

記載内容 信頼度 備考
(1) 4K120Hzの入出力対応表記がある ここまで書いて対応してなかったら嘘つきになる
(2) 入力がHDMI2.1に対応している 出力(パネル)が対応していない可能性あり
(3) 出力が4K120Hzに対応している 入力(HDMI)が対応しておらずアップスケールで水増しして120Hzにしているケースがある
(4) (2)と(3)両方
HDMI2.1と4K120Hzパネル両方持っているか
両方記載してなお 4K(3,840×2,160p)出力は60p(60Hz)までというパターンも無くはない


見るべきは (1)の 4K120Hzの入出力対応表記がある パターンか、(4)の HDMI2.1と4K120Hzパネル両方持っているか だろう。

そして信頼性で言えば前者の方が確実性が高い。

なので絶対に4K120Hz対応のテレビが欲しければ、4K120Hz対応を比較表で明言しているパナソニックの JX850 から上位のモデルを買うのが良い。





まとめ

今回はテレビが4K,120Hzに対応しているか確認するポイントについて紹介した。

テレビが4K,120Hzに対応しているか確認するポイントは以下の3点。

ココがポイント

  • 4K120Hzの入出力対応表記がある
  • 入力がHDMI2.1に対応している
  • 出力が4K120Hzに対応している


4K120p入力対応3,840×2,160p 120Hzに対応 のように表記がされていればまず4K,120Hzに対応している。

他には入力がHDMI2.1対応で、なおかつ出力パネル側も4K解像度で倍速(120Hz)対応していれば、ほぼ4K,120Hzに対応しているだろう。


『4K対応』って書かれてるだけじゃダメなのね
一般コンテンツはまだ60Hzなので「PS5接続して4K120Hzでケームしたい!」とかじゃなければ4K60Hzでも十分なんですけどね


他にも4Kに関する記事もあるので、もし気になるものがあれば見てみて欲しい

ITipsと同じようなブログを作る方法

ブログに興味がありますか?

もしブログに興味がある場合は↓このページ↓を参考にすれば、ITipsと同じ構成でブログを作ることができます

サーバー、ドメイン、ASPと【ブログに必要なものは全て】このページに書きました。
同じ構成でブログ作るのはいいけど、記事はマネしないでネ (TДT;)

ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログへ

他にもブログやSNSで紹介してくれると励みになります。

はてブのコメントで酷評されると泣きます(´;ω;`)

-ハードウェア
-

© 2022 ITips