WEBサービス

悪質なnoteを通報できない理由と通報する方法

noteってどうやって通報するんだっけ

有料、無料に関わらず記事を作成できるサービス note

知名度は高いが、中には機能を悪用する人間もいる。


例えば個人の発言を切り取って晒し上げ、誹謗中傷するパターン。

noteはサービスとして有名なので、記事を作成すると検索上位に載りやすい。

そこで悪意のある記事を書くと、SEO効果もあって被害が広がりやすくなってしまう


悪意のある記事が広がるのは良くないなぁ


では悪質な記事に対してはどう対処すればよいのか。

対応方法としては通報するという手段がある。

でも場合によっては通報できないこともあるので要注意。

そこで今回は悪質なnoteを通報できない理由と通報する方法について解説する。

この記事を書いている人


システムエンジニア、AIエンジニアと、IT業界で10年以上働いている中堅。Twitterでも活動中隠れて人を騙す輩は嫌い

記事を読むメリット

悪質なnoteを通報できない理由と通報する方法がわかり、悪い記事を書くユーザーを減らすことができる


悪質なnoteを通報する方法

悪質なnoteを通報する方法、それはもちろんnoteのサイト上で行う。


見つからないんだけど?
まぁ最初はそうなりますよね


注意点としては記事のページには通報機能が無いということ。

通報することができるのはユーザーのページからである。

ユーザーページに行くと、以下の手順で通報することができる。

step
1
ユーザーアイコン右側の三点リーダをクリックして「報告する」を選ぶ

ユーザーアイコン右側にある三点リーダ をクリックすると吹き出しが出てくるので、その中から「報告する」をクリックする。


note通報 三点リーダをクリックして「報告する」を選ぶ



step
2
報告内容を記入して送信

すると報告内容を記入する画面が出てくる。

そこで違反内容を選んで内容を記入して送信すれば通報完了となる。


note通報 報告内容を記入して送信



noteを通報できない原因

あれ?でもユーザーページにも通報リンクが無いんだけど?
通報できないのにも理由があります


ユーザーページに行って三点リーダをクリックしたのに通報用のリンクが出てこずに↓のような画面になることがある


noteの三点リーダをクリックしたのに通報できない

実は通報できないのには原因がある。

それはログインしてないから

noteの画面右上の「ログイン」ボタンを見て、未ログインの場合は通報ができないのである。

なので通報したい場合はユーザー登録を行ってログインする必要がある。



まとめ

今回は悪質なnoteを通報できない理由と通報する方法について紹介した。

悪質なnoteを通報する場合の注意点としては、以下の2点。

note通報の注意点

  • 通報ボタンがあるのは記事ページではなくユーザーページ
  • ログインしないと通報はできない

  • ログインしていないと通報用のリンクが表示されないので要注意。

    以上を注意して悪質な記事は気付いた時点で通報すると、より安全なインターネットに近づくと思われる。


    気持ち的には悪・即・斬ですね




    またプラットフォーム上で通報する他にも、行政や権利者に通報するという手段もあるので、他の手段を探している方は参考にしてほしい。

    ITipsと同じようなブログを作る方法

    ブログに興味がありますか?

    もしブログに興味がある場合は↓このページ↓を参考にすれば、ITipsと同じ構成でブログを作ることができます

    サーバー、ドメイン、ASPと【ブログに必要なものは全て】このページに書きました。
    同じ構成でブログ作るのはいいけど、記事はマネしないでネ (TДT;)

    ランキング参加中

    にほんブログ村 IT技術ブログへ

    他にもブログやSNSで紹介してくれると励みになります。

    はてブのコメントで酷評されると泣きます(´;ω;`)

    -WEBサービス
    -

    Translate »

    © 2021 ITips