生活

【危険】Twitterの高額プレゼント企画にさらに悪質な亜種が登場

Twitterで見かけたんだけど「Mac100台プレゼント」だって!応募しないと!
それ、高確率でヤバいので止めたほうがいいですよ

Twitterでよく見かける企画

高額商品または現金プレゼント!
応募方法はフォロー&リツイート

これの問題点は以前の記事で紹介した。



しかしここ最近ではさらに悪質な亜種が登場している。

高額商品または現金を大量プレゼント!
応募方法はフォロー&リツイートして応募ページから登録
なんていうかより凶悪に進化してそうだね
実際凶悪ですよコレ

そこで今回はTwitterの高額プレゼント企画にさらに悪質な亜種が登場と題して、問題点を紹介していこうと思う。

この記事を書いている人


システムエンジニア、AIエンジニアと、IT業界で10年以上働いている中堅。Twitterでも活動中隠れて人を騙す輩は嫌い

記事を読むメリット

Twitterの高額プレゼント企画の悪質な亜種がわかり、新しい手法で騙されるのを防ぐことができる


Twitterの高額プレゼント企画

Twitterでよく見かける通常の高額プレゼントはこう。

高額商品または現金プレゼント!
応募方法はフォロー&リツイート

問題点はこんな感じ。

プレゼント企画の問題点

  • プレゼント賞品は見せかけ(当選者は出ない)
  • 企画者がフォロワーとインプレッションを得る
  • 応募者のリストが作成され「カモリスト」として売られる
  • 当選連絡からのフィッシング詐欺
  • これだけでも既にヤバいんだけど・・・



    高額プレゼント企画のさらに悪質な亜種

    今回出てきた亜種は更に凶悪

    文言としてはこんな感じ。

    高額商品または現金を大量プレゼント!
    応募方法はフォロー&リツイートして応募ページから登録

    違いとしては応募ページが用意されているということ。

    そして応募ページにあるのが以下の入力欄。

    悪質な懸賞企画の入力欄

  • 氏名
  • メールアドレス
  • TwitterアカウントID

  • この亜種の問題点は、個人情報を入力させられること。

    Twitter上でフォロー&RTする分には、企画者に握られるのはTwitterアカウントのみ。

    しかし氏名とメールアドレスが追加されると、Twitterアカウントと個人情報の紐付けが可能になる

    なんか超ヤバいにおいがプンプンするんだけど・・・
    実際凶悪ですからねコレ

    このように個人情報を渡してしまうと、その後どのように利用されるかわからないので問題である。




    個人情報の入力を求める理由

    では個人情報の入力を求める理由は何のだろうか。

    当選者用?

    好意的に考えれば「当選者への連絡用」だろうか。

    しかしそれは無い

    何故なら入力を求めるタイミングが違うから。

    当選者用を謳うのであれば、当選者を決めてからTwitterのDMなどで当選者に個人情報を聞けば良い。

    敢えて先に個人情報を求めるということは、プレゼント企画とは別の用途があるということだ。




    具体的なTwitterプレゼント企画の例

    ではどのような企画が問題ありそうなのか。

    最近の例だとマコなり社長の企画が怪しいように見える。



    マコなり社長Mac100台プレゼント

    マコなり社長の企画が↓コレ。

    サムネイルに大きく

    Mac100台 1200万相当 プレゼント

    とある。

    そして応募の流れは以下のように書いてある。

    STEP1 氏名とメールアドレスを入力してエントリー
    STEP2 マコなり社長のTwitterアカウントをフォロー
    STEP3 ハッシュタグ「#マコなり社長Mac100台プレゼント」をつけてマコなり社長の固定ツイートを引用リツイート
    STEP4 STEP1で登録したメールアドレスに届いた選考フォームに回答



    怪しいポイント

    この企画の怪しいポイントは、「プログラミング学習者を応援する」という名目の企画であるはずなのに、応募者全員の個人情報を求めていること。

    先にも述べたように当選者用を謳うのであれば、当選者を決めてからTwitterのDMなどで当選者に個人情報を聞けば良い

    個人情報を求めている理由については動画では一切触れていない。

    そして動画中で「問い合わせには一切対応しない」と明言している。

    なので質問もできないし、何なら本当に100台分当選者が出ているのかどうかすらわからない


    どうやって信じればいいんだコレ・・・



    キャンペーンの個人情報の利用

    そして極めつけが個人情報の利用について。

    キャンペーンのページから飛べる「個人情報の共同利用について」というページに利用目的が以下のように記載されている。


    個人情報の共同利用について (2021/07/11時点)


    見て分かる通り、個人情報の利用目的がプレゼントキャンペーンの範囲を超えている

    つまりキャンペーンで当選しなくても、キャンペーンが終わっても個人情報は破棄されない

    そして特に利用目的にこの文言。

    その他の当社等が共同で行うサービス若しくはNA又はdivが行うサービス(以下「今後のサービス」という。)の提供のため

    「サービス提供のため」といういくらでも解釈可能な文言が書かれているので、「サービス提供のため」であればどんな利用も可能ということになる。


    マジで何に使われるかわからないなコレ・・・



    結論:不透明な部分が多い

    キャンペーンを見てみた感想としては「不透明な部分が多すぎる」

    キャンペーンで氏名やメールアドレスを収集する理由も明確でないし、利用目的もわからない

    そして本当に100台当選するのかどうかもわからない

    この状況で応募するのはリスクがあると言わざるを得ないだろう。



    個人情報保護法違反の通報先

    では個人情報保護違反の疑いがある場合、どこに通報すれば良いのか。

    通報先は個人情報保護委員会が良いだろう。

    以下のページを見ると「公益通報フォーム」へのリンクがあrがあるので、そこで情報を共有すると良い。


    通報内容としては以下のような文で良いかと思う。

    ■■という人物が
    TWITTER上の「○○」という企画で、
    応募者全員の氏名、メールアドレス等の個人情報を収集している。
    (先に当選者を選んでから当選者の個人情報を聞くのではなく、先に全員の個人情報を収集している)

    集めた個人情報を企画後も破棄しない旨を「別ページ」に記載していてわかりにくくしており、個人情報が応募者の意図に反して無期限に利用される恐れがある。

    これ全角入力しか受け付けないじゃん・・・
    URLさえ共有できない残念フォームですね・・・



    まとめ

    今回はTwitterの高額プレゼント企画のさらに悪質な亜種について解説した。

    亜種の特徴は謳い文句は以下のようなものがある。

    高額商品または現金を大量プレゼント!
    応募方法はフォロー&リツイートして応募ページから登録

    特徴としては応募ページで以下のような個人情報を入力させられる。

    悪質な懸賞企画の入力欄

  • 氏名
  • メールアドレス
  • TwitterアカウントID


  • 個人情報を入力すると意図しないところでアカウントと個人が紐付けられてしまうので、気をつけたほうがいいだろう。

    またこのような企画では個人情報に対するプライバシーポリシーも曖昧なところがあり、下手をすると懸賞企画以外で個人情報が利用されてしまうこともある。

    「美味しそうな企画には裏がある」くらいの気持ちで注意した方が良いだろう。


    美味しい情報に飛びついたつもりが、個人情報抜かれてリストにされて売られるとかもあり得ますからね


    ITipsと同じようなブログを作る方法

    ブログに興味がありますか?

    もしブログに興味がある場合は↓このページ↓を参考にすれば、ITipsと同じ構成でブログを作ることができます

    サーバー、ドメイン、ASPと【ブログに必要なものは全て】このページに書きました。
    同じ構成でブログ作るのはいいけど、記事はマネしないでネ (TДT;)

    役に立ったらシェアしてくれると励みになります。

    にほんブログ村 IT技術ブログへ

    -生活
    -, ,

    Translate »

    © 2021 ITips