ソフトウェア

macOSでスクショをクリップボードにコピーする方法

ITエンジニアに人気があるMac(マック)。
最初からMacを使い続けているユーザーであれば問題はないが、Windowsから移行してきたユーザーにとって困る問題がある。
それはスクリーンショットの撮影方法

Windowsの場合は Ctrl + PrtSc (コントロール+プリントスクリーン)で画面に表示されている画像をコピーできるが、macで Shift + Command + 3 (シフト+コマンド+3)を操作するとファイルとして保存されてしまう

Windowsと同じ操作をしたいのに、いちいちファイルに保存されると気持ち悪い。
そこで今回は「macOSでスクショをクリップボードにコピーする方法」を紹介する。

この記事を書いている人


システムエンジニア、AIエンジニアと、IT業界で10年以上働いている中堅。業務ではMac、プライベートではWindowsを使っているので、カナと英数の切り替えする際のキーを(どっちだっけ)と迷うようになった。

記事を読むメリット

  • macOSでスクショをクリップボードにコピーする方法がわかる

  • macOSでスクショをクリップボードにコピーする方法

    macOSでスクショをクリップボードにコピーするには Control キーを用いる。

    画面全体をクリップボードにコピーしたい場合は Shift + Command + Control + 3 でコピーできる。

    アクティブウィンドウをコピーしたい場合は、 Shift + Command + Control + 4 で範囲選択準備状態にしてから、 スペース を押すとアクティブウィンドウが選択されるのでそのままクリックする。
    するとクリップボードにアクティブウィンドウの画面がコピーされる。

    貼り付けるときはそのまま Command + V で貼り付けできる。

    スクリーンショットをクリップボードにコピーするには、「control」キーを長押ししながらスクリーンショットを撮ってください。クリップボードに入れたスクリーンショットは、どこにでもペーストできます。または、ユニバーサルクリップボードを使えば、別の Apple 製デバイスにペーストできます。

    Windowsとの対応表

    スクリーンショットの撮影方法について、WindowsとmacOSの対応表をまとめておく。

    操作 Windows macOS
    全画面コピー Ctrl + PrtSc Shift + Command + Control + 3
    アクティブウィンドウコピー Ctrl + Alt + PrtSc Shift + Command + Control + 4
    を押してから スペース を押してクリック
    範囲指定コピー Windows + Shift + S Shift + Command + Control + 4
    Windowsも範囲指定コピーできたんだね
    そのようだね。
    私もさっき調べて知ったわ。
    おい、Windows使ってたんじゃないのかよ
    Windows10からできるようになってたなんて知らんわー!


    Windows 10 Insider Previewに、キャプチャー用のショートカットが追加されたのだ。「Windows」+「Shift」+「S」キーを押すと、保存する範囲を指定してスクリーンショットを撮れるようになった。「Windows」+「Shift」+「S」キーを押すと画面が白くなり、ドラッグしてキャプチャーする範囲を指定し、指を離せばクリップボードに保存される。




    macOSでスクショをクリップボードにコピーする方法 まとめ

    macOSでスクショをクリップボードにコピーする方法は、画面全体なら Shift + Command + Control + 3 、範囲指定なら Shift + Command + Control + 4 でコピーできる。



    他にもWindowsユーザーが躓く操作として、ファイルのカット&ペーストの方法などの記事もあるのでもし興味があれば覗いてほしい。

    ITipsと同じようなブログを作る方法

    ブログに興味がありますか?

    もしブログに興味がある場合は↓このページ↓を参考にすれば、ITipsと同じ構成でブログを作ることができます

    サーバー、ドメイン、ASPと【ブログに必要なものは全て】このページに書きました。
    同じ構成でブログ作るのはいいけど、記事はマネしないでネ (TДT;)

    ランキング参加中

    にほんブログ村 IT技術ブログへ

    他にもブログやSNSで紹介してくれると励みになります。

    はてブのコメントで酷評されると泣きます(´;ω;`)

    -ソフトウェア
    -,

    © 2022 ITips