ソフトウェア

Windowsの付箋アプリ、StickyNotesで文字サイズを変更する方法

Windowsの付箋アプリ、StickyNotesで文字サイズを変更する方法

Windowsの付箋アプリ「Sticky Notes」で大きな文字を書きたい。
しかし文字サイズを変更する方法がわからない。
今回はWindowsの付箋アプリ、StickyNotesで文字サイズを変更する方法について紹介する。


付箋アプリとは

付箋アプリ Windows

付箋アプリとは、デスクトップ上にあたかも付箋のようにメモを貼り付けて保存できるMicrosoft製のアプリ「Sticky Notes」を指す。
物理付箋と同じように、日頃の忘れないようにしたい内容をリマインダーのように書き残しておくことができるので重宝する。

Windows10にも存在しており、詳しくは以前の記事を参考にされたし。

Windows10で付箋アプリはどこに行った?


文字サイズの変更

付箋をリマインダーのように使っていると、重要な事柄は大きな文字で残しておきたいと思うことだろう。
ではその付箋アプリこと「Sticky Notes」でどうやって文字(フォント)サイズを変更するのか。

Officeのサポートサイトには以下のように記載されている。

操作内容 キー
選択されているテキストに対して太字の書式を適用または削除する。 Ctrl + B
選択されているテキストに対して斜体の書式を適用または削除する。 Ctrl + I
選択されているテキストに対して下線の書式を適用または削除する。 Ctrl + U
選択されている段落に対して箇条書きの書式を適用または削除します。 Ctrl + Shift + L キー
選択されているテキストに対して取り消し線の書式を適用または削除する。 Ctrl + T
選択した段落を右揃えで配置します。 Ctrl + 右 Shift
選択した段落を左揃えで配置します。 Ctrl + 左 Shift

あれ・・・?
文字サイズの変更が無い?

見たところ文字サイズを変更する機能は無い模様。

しかし 付箋 文字サイズ で検索すると文字サイズを変えてあるような画像が出てくる。
一体どういうことなのだろうか。


Windows7では文字サイズを変更できた

実は以下のmicrosoftのサイトが示すように、Windows7の頃はでは文字サイズを変更できたのである。
しかしWindows10のSticky Notesのサポートページには文字サイズ変更機能が記載されていない

つまり文字サイズ変更機能はWindows7の付箋からWindows10のStickyNotesに変わった際に削除されてしまったようだ。

操作内容 キー
フォント サイズを小さくする Ctrl + Shift + <
フォント サイズを大きくする Ctrl + Shift + >


文字サイズの変更についての結論ですが、以前はできた
付箋の文字サイズ変更はできないことになっています。
付箋~デスクトップの文字サイズ変更ができない? | 続編の噂話。


まとめ

  • Windows10のStickyNotesでは文字サイズ変更はできない
  • Windows7の付箋の頃はできた

文字サイズの変更はできなくなったが、追加された機能もあり、依然として便利なソフトではあるので割り切って使っていこう。



コチラもオススメ

KRSW

駆け出し機械学習エンジニア。機械学習、DB、WEBと浅く広い感じ。 Junior machine learning engineer. Not a specialist but a generalist who knows DB, WEB too.

役に立ったらシェアしてくれると励みになります。

にほんブログ村 IT技術ブログへ

-ソフトウェア
-,

Translate »

Copyright© ITips , 2020 All Rights Reserved.