ソフトウェア

macOSでファイルの切り取りと移動の方法

macOSでファイルの切り取りと移動の方法

オシャレなPCとして人気があるMac(マック)。
最初からMacを使い続けているユーザーであれば問題はないが、Windowsから移行してきたユーザーにとって困る問題がある。
それはファイルの切り取り(カット&ペースト)

WindowsのExplorerに相当するものがmacOSのFinder
Windowsでは Ctrl+X , Ctrl+V でファイルを切り取って移動することができる。
macで同じように Command+X, Command+V としてもファイル切り取りができない。

どうやってファイルの切り取り(カット&ペースト)をすればいいのか。
今回は「macOSでファイルの切り取りと移動の方法」を紹介する。

この記事を書いている人


からさん
システムエンジニア、AIエンジニアと、IT業界で10年以上働いている中堅。最近業務でMacを使うようになり、日々エラーにぶつかっては検索して解決する生活をしている。

記事を読むメリット

  • macOSでファイルの切り取りと移動の方法がわかる

  • Appleのサポートページには Command+X でできそうな記載がある

    Appleのサポートページには Command+X で切り取りができそうな記述がある。

    切り取り、コピー、貼り付け、その他の一般的なショートカット
    command + X:選択した項目を切り取り、クリップボードにコピーします。

    これを見る感じだと Command+Xでファイル切り取りができそうに見える。
    しかしこれはFinderでのファイル操作では使うことはできない


    Finderに Command+X のショートカットは無い

    実は Finderに Command+X のショートカットは無い

    実験として2つのフォルダを用意し、片方にファイルを1つ入れておく。

    この状態でファイルを選択して Command+X, Command+V をしても何も起こらない。
    場合によっては切り取りではなくコピーされたファイルがペーストされるかもしれない。
    しかしそれは Command+X で切り取りが行われず、その前に行われたコピー操作でクリップボード上に残っていたファイルがペーストされたに過ぎない。


    テキストに対しては Command+X, Command+V でカット&ペーストできるのに、ファイルに対しては同じ操作ができないとか 実に不可解 である。

    macOSでファイルの切り取りと移動の方法

    ではmacOSにカット&ペーストする方法が無いかというと、実はある。

    Command+X, Command+V ではなく、Command+C, Command+option+V でファイルを切り取って移動させることができる。

    先程の例でもCommand+C, Command+option+V でファイルを2個目のフォルダに移動することができる。


    切り取り、コピー、貼り付け、その他の一般的なショートカット
    option + command + V:移動:クリップボードに配置したファイルを、元の場所から現在の場所に移動します。


    macOSでファイルの切り取りと移動の方法 まとめ

    macOSでファイルの切り取りと移動の方法は Command+X, Command+V ではなく、Command+C, Command+option+V


    ファイル切り取りの他にもマウスのスクロール方向を反対にする方法などについての記事もあるので、もし興味があれば参考にしてほしい。

    コチラもオススメ

    KRSW

    駆け出し機械学習エンジニア。機械学習、DB、WEBと浅く広い感じ。 Junior machine learning engineer. Not a specialist but a generalist who knows DB, WEB too.

    役に立ったらシェアしてくれると励みになります。

    にほんブログ村 IT技術ブログへ

    -ソフトウェア
    -, ,

    Translate »

    Copyright© ITips , 2020 All Rights Reserved.