WEBサービス ニュース

【YouTube】 低評価ボタン廃止論から見えるGoogleの問題点

【YouTube】 低評価ボタン廃止論から見えるGoogleの問題点

YouTubeから低評価ボタンが消えるかもしれない!?

こんなニュースが最近話題になっている。
評価ボタンはユーザーが動画に対するフィードバックを行う事ができる重要なボタン。
何故消えるかもしれないのか。
消えることは何を意味するのかを書きたいと思う。


低評価ボタンとは

低評価ボタンは高評価ボタンと対を成す評価ボタンの一つ。
英語だと高評価が like , 低評価を dislike と言ったりする。
動画のすぐ下に (・∀・)b な感じで親指を立てた感じのボタンが高評価、逆に親指を真下に向けたボタンが低評価となる。


評価ボタンにはどんな効果があるのか

ユーザーからすれば動画に対する評価としてフィードバックできる。
投稿者からすると自分が投稿した動画についてどう思われているかを知る事ができる。
システムからすると検索時にどのような順で動画を表示するかの判断材料になる。

この検索表示の判断材料がボタンが消える理由のカギとなる。


何故低評価ボタンが消えてしまうのか

問題となっているのは「動画を見ずに低評価を行う集団」の存在。
要は低評価の組織票である。

組織的に低評価をつけることによって、対象の動画がYouTube上で他のユーザーの閲覧対象になることを妨害しているわけである。

問題となっている「dislike mobs」とは、「十分に動画を視聴せずに低評価を押すことだけを目的とした集団」を意味しています。この行為が問題となるのは、過剰な低評価が付いた動画はYouTubeで推奨されづらい可能性があり、クリエイターのチャンネルに悪影響を及ぼすためです。
YouTube、「動画を見ないで低評価クリック」する組織的行為への対策を検討中 - ねとらぼ

YouTubeが頭を痛めるのは、「よくないね集団(dislike mobs)」とでもいうべき悪意あるユーザーたちです。具体的には、気に入らない投稿者の動画を見つけると、組織だって低評価をつけ、ネガティブなレビューを投稿する集団のことです。全体評価のうち低評価の割合が高まると、ビューの数にも影響を与えるため、ユーチューバーたちにとっては重大な問題となっています。
YouTubeから「低評価」ボタンが消える可能性 悪意ある投稿に対策 - ライブドアニュース

そして低評価の組織票(dislike mobs)への対策案の一つとして「低評価ボタンの廃止」が検討されているのだ。
しかしボタンの廃止論から見えてくる問題もある。


低評価ボタンの廃止から見える問題点とは

低評価ボタンの廃止から見える問題点

  • 組織票をGoogleは判別できない

YouTubeはGoogle(というかAlphabet)の傘下だ。
当然Googleの技術は組み込まれていると考えて良いだろう。
それでも低評価の組織票(dislike mobs)への対策が低評価ボタンの廃止であるならば、組織票をGoogleは判別できていない ということに他ならない。


まとめ

  • 動画を見ずに低評価を行う集団が存在する事が問題
  • 低評価の組織票対策で低評価ボタンが廃止されるかも
  • 「低評価ボタン廃止」を対策に挙げるくらいだからGoogleは組織票を判別できていない


コチラもオススメ

KRSW

駆け出し機械学習エンジニア。機械学習、DB、WEBと浅く広い感じ。 Junior machine learning engineer. Not a specialist but a generalist who knows DB, WEB too.

役に立ったらシェアしてくれると励みになります。

にほんブログ村 IT技術ブログへ

-WEBサービス, ニュース
-,

Translate »

Copyright© ITips , 2021 All Rights Reserved.