ソフトウェア

Windows10にUbuntuをインストールする

Windows10にUbuntuをインストールする

WindowsにUbuntuをインストールする。
昔はできなかったが、今は "Windows Subsystem for Linux" という機能がWindows10に備わっており、Ubuntuをインストールすることができる。
今回はWindows10にUbuntuをインストールする方法を紹介する。


Ubuntuとは

まずUbuntuとは WindowsMac のようなOSの仲間で、 Linux というOSの一種だ。
Linux には色々と派生があり、Ubuntu の他にも CentOSOpenSUSEなど色々なLinuxが存在する。

そしてLinux多くは無料であり、サーバー系のOSの大半はLinuxなので、サーバー系の開発を行うにはLinuxが必要だったりする。

UbuntuはLinuxの中でも人気のある種類なので、Windows上でUbuntuが使えると開発に大いに役に立つ。

手順

Windows10にUbuntuをインストールする方法だが、手順としてはとても簡単で、Windows側で機能を有効化してからストアからインストールすればいい。

  1. Linux Subsystemの有効化
  2. ストアからUbuntuを入手してインストール


Linux Subsystemの有効化

まず最初にWindows上でLinuxを使用する準備として、Linux Subsystem を有効化する必要がある。
有効化する為の操作として、Windowsのデスクトップ画面の左下にある検索ボックス機能 と入力すると、Windowsの機能の有効化または無効化 のメニューが出てくるので、クリックして開く。

Windows 機能の有効化




すると Windowsの機能の有効化または無効化 の画面が開くので、表示されている機能の中から Windows Subsystem for Linux を選択してチェックを入れる。

Windows Subsystem for Linux




機能の有効化の処理が終わるとWindowsの再起動を要求されるので、指示通り再起動する。

Windows 再起動




これでWindows上でLinuxを使用する準備ができたことになる。


ストアからUbuntuを入手してインストール

Windows Subsystem for Linux の有効化が終わったら、Linuxのインストールを行う。

Windows上で動かせるLinuxはUbuntuで、Microsoft Storeから入手する。
Microsoft Store上で Ubuntu と検索するとUbuntuが表示されるので、そのまま 入手 をクリックする。

Microsoft Store Ubuntu




Ubuntuの入手後に、デスクトップの左下の検索ボックスに Ubuntu と入力すると、メニューにUbuntuが現れるのでUbuntuを起動できる。

Ubuntuを起動すると初期設定が行われるので、ユーザー名とパスワードを設定すれば設定完了となり、以降はメニューから起動すればUbuntuにログインした状態から始めることができる。

Ubuntu初期設定


まとめ

  • Windows10上でUbuntuを動かすことができる
  • インストール方法は Windows Subsystem for Linux を有効化してMS StoreからUbuntuを入手するだけ


KRSW

駆け出し機械学習エンジニア。機械学習、DB、WEBと浅く広い感じ。 Junior machine learning engineer. Not a specialist but a generalist who knows DB, WEB too.

役に立ったらシェアしてくれると励みになります。
If you felt this article is useful, please share.
にほんブログ村 IT技術ブログへ

-ソフトウェア
-, ,

Translate »
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© ITips , 2020 All Rights Reserved.