ハードウェア

自宅待機の便利グッズ、メディアプレイヤー

自宅待機の便利グッズ、メディアプレイヤー

少年
自宅待機暇すぎる。。。
なにか暇潰しに便利なアイテムって無いの?
あるよ。
メディアプレイヤー使ってみると良いよ。

自宅待機で何をしていいかわからずに困っていないだろうか。
映画見たり、ゲームしたり、BBQするのも良い。
しかしガジェットに着目してみたところ、メディアプレイヤーを持っていると自宅で色々楽しめることがわかった。

今回は自宅待機の便利グッズ、メディアプレイヤーについて紹介する。


自宅待機の便利グッズ、メディアプレイヤー

メディアプレイヤー
聞いて思い浮かべるのは
Windows Media Player
だと思うが、今回のメディアプレイヤーはソフトウェアではなく
ハードウェアのメディアプレイヤーだ。

要は物理的にテレビに繋いでコンテンツを再生する機械である。
動画に限らず音楽や画像も再生することができるので、自宅待機中にコンテンツを楽しむのに便利なアイテムだ。


モノとしては、手のひらサイズくらいの機械で、テレビにHDMIで接続し、さらにLANケーブルでネットワークにも繋がる。


DVDプレイヤーとの違い

少年
なんだDVDプレイヤーみたいなものじゃん
チガウヨ。
ゼンゼンチガウヨ。

これだけだとメディアプレイヤーはDVDプレイヤーみたいなものと思うかもしれない。

確かにコンテンツの再生という意味では同じだが、再生する媒体が異なる

DVDプレイヤーやHDDレコーダーはディスクもしくは内蔵HDDからコンテンツを再生する。
メディアプレイヤーは外部メディア、もっと言えばネットワークメディアプレイヤーであればネットワーク上に存在するNASなどのメディアからコンテンツを再生できる

以前NASの記事で紹介した図のTVの部分のイメージだ。

メディアプレイヤーを使って、NASに保存したコンテンツをTVで再生することができる。


メディアプレイヤーの便利な点

メディアプレイヤーの便利な点には以下のようなものがある。

メディアプレイヤーの便利な点

  • ディスクがいらない
  • 再生できる形式が多い

  • ディスクがいらない

    通常、PCで保存した動画をテレビで見ようとすると、DVDなどのディスクに専用のアプリで保存してDVDプレイヤーで再生する必要がある。
    その際には記録、ディスクの入れ替えなどの作業が発生するので面倒である。

    しかしメディアプレイヤーを使えば、ディスクに保存せずにそのままNASの中のファイルを読み込むことができる
    ディスクの入れ替えも必要ないのでとても楽である。


    再生できる形式が多い

    動画のファイル形式は色々あるが、メディアプレイヤーはPC並にほとんどのファイルを再生できる。

    avi, mp4, mpeg, divx 等は大体再生できる。
    製品によってはディスクイメージである iso もDVDやBDのメニュー付きで再生できたりする。

    動画以外でも音声ファイルだと mp3, wma 、画像ファイルだと jpeg, bmp, png なども再生できる。


    オススメのメディアプレイヤー

    筆者のオススメはITPROTECH社のMEDIA WAVE HD PROだ。

    製品ページにもあるように動画や音声ファイルは大体再生できる。
    またHDD/SSDを内蔵させて、PCに対して外部ストレージのように使うこともできる。

    プリンストン社の製品も isotsファイルなど幅広い再生フォーマットを持つので良いかと思う。


    注意点

    ここまでメディアプレイヤーの利点を書いたが、注意点も存在する。
    以下の2点についてはよく注意してほしい。

    注意ポイント

  • 「ネットワーク」メディアプレイヤーを買うべし
  • コピーガードを解除するのはダメ

  • 注意点1 「ネットワーク」メディアプレイヤーを買うべし

    注意点としては名前にネットワークが付いているものを買った方が良い。
    「ネットワーク」が付いていないとLANケーブルを接続する穴が付いておらず、ネットワーク経由でNAS内のファイルを再生することができない。

    ネットワークメディアプレイヤーを買うと良いだろう。


    注意点2 コピーガードを解除するのはダメ

    次の注意点として、コピーガードを解除するのはダメである。

    市販品やレンタルのDVD、BDにはコピー防止用のプログラムが組み込まれている。
    これを解除してバックアップを作成するのは違法である。

    しかし違法なのは映像用のCCSや、音楽用のCCCDなどが組み込まれているものをコピー行為であり、これらのコピーガードが組み込まれていないCD等についてはコピーは可能とのこと。

    2012年に著作権法が改正され、コピーコントロール(保護技術)に加えて、アクセスコントール(暗号技術)も規制対象となりました。アクセスコントールの「CSS」が施されている市販DVDも、これによって複製がNGになったのです。
    今や私的バックアップといえど、市販のブルーレイ・DVDやレンタルのブルーレイ・DVDのコピープロテクトを回避してバックアップすることは違法なのです。


    自宅待機の便利グッズ、メディアプレイヤー まとめ

    メディアプレイヤーはサイズくらいの機械で、物理的にテレビに繋いでコンテンツを再生する機械である。
    動画に限らず音楽や画像も再生することができ、DVDプレイヤーに比べて以下の点で便利である。

    メディアプレイヤーの便利な点

  • ディスクがいらない
  • 再生できる形式が多い
  • ネットワーク機能があるものは、NAS内のコンテンツを再生できるのでネットワークメディアプレイヤーがオススメである。


    メディアプレイヤーと連携することで便利に使えるNASについての記事もあるので、是非参考にしてほしい。

    コチラもオススメ

    KRSW

    駆け出し機械学習エンジニア。機械学習、DB、WEBと浅く広い感じ。 Junior machine learning engineer. Not a specialist but a generalist who knows DB, WEB too.

    役に立ったらシェアしてくれると励みになります。

    にほんブログ村 IT技術ブログへ

    -ハードウェア
    -

    Translate »

    Copyright© ITips , 2020 All Rights Reserved.