WordPress

エックスサーバーでads.txtを設定する方法


エックスサーバーのads.txtを設定したい


要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正して下さい

Google Adsenseに ads.txt の問題についてアラートが出るが、何をしていいかわからない。

そこで今回はエックスサーバーでads.txtを設定する方法について解説する。

この記事を書いている人


システムエンジニア、AIエンジニアと、IT業界で10年以上働いている中堅。PythonとSQLが得意。SEとして浅く広い感じで経験を積んでいるためサーバー周りについてもそこそこ知識がある。

記事を読むメリット

エックスサーバーでads.txtを設定する方法がわかる


ads.txtとは


ads.txtとはWEBサイトの広告枠の所有権証明のようなものである。

「このサイトでは広告はこの広告会社を使用しており、このサイトに紐づくIDはこれです」
と宣言することで、他人が勝手に広告枠を売るのを防ぐことができる。

サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

参考:ads.txt に関するガイド - AdSense ヘルプ



エックスサーバーでads.txtを設定する方法


ではads.txtを設定する方法をエックスサーバーを例にして説明する。


step
1
ads.txtをダウンロードする

まずはGoogle Adsenseのアラートメッセージの「今すぐ修正」をクリックして次のページで ads.txt をダウンロードする。


step
2
「ads.txt設定」メニューで編集する

エックスサーバーのサーバーパネルにログインして、「ads.txt設定」を選ぶ。


そして「ads.txt直接編集」を選んで、先程ダウンロードした ads.txt の中身を貼り付けて設定確認画面で確定すればOK。



まとめ


今回はエックスサーバーでads.txtを設定する方法について解説した。

手順としては2つだけ。

エックスサーバーでads.txtを設定する方法

  • adsenseの画面からads.txtをダウンロードする
  • エックスサーバーのads.txt編集画面に中身を貼り付ける

  • 簡単だね!
    画面上で設定できると楽ですね
    本当はもっと面倒だったりするの?
    まぁ通常はads.txtFTPクライアントソフトを使ってアップロードするんじゃないですかね
    面倒ってほどではないけど、やっぱ画面上で編集できたほうがわかりやすいかな


    エックスサーバーは普通に企業も使っていて信頼性の高いレンタルサーバー。

    他にもエックスサーバーの比較記事や、WordPressのデータを移行する方法についての記事もあるので、よければ参考にして欲しい。

    ITipsと同じようなブログを作る方法

    ブログに興味がありますか?

    もしブログに興味がある場合は↓このページ↓を参考にすれば、ITipsと同じ構成でブログを作ることができます

    サーバー、ドメイン、ASPと【ブログに必要なものは全て】このページに書きました。
    同じ構成でブログ作るのはいいけど、記事はマネしないでネ (TДT;)

    役に立ったらシェアしてくれると励みになります。

    にほんブログ村 IT技術ブログへ

    -WordPress
    -, ,

    Translate »

    © 2021 ITips