DB

AWS(RDS)のDBデータ移行の推奨方法

AWS(RDS)のDBデータ移行の推奨方法

ローカルDBでテストしたデータをどうやってAWSのRDSに反映させれば良いのか。
AWSを扱い始めた開発者にとってはデータ移行は悩みの種。
そこで今回はAWSで推奨されているDBデータ移行方法について紹介する。



DB移行方法

AWSのサイトを見た感じ、基本はエクスポートしてインポートする模様。

既存のデータを RDS DB インスタンスにインポートするために必要な基本ステップは以下のとおりです。
1. ソースデータベースからデータをエクスポートします。
2. エクスポートしたデータをアップロードします。
3. アップロードしたデータを RDS DB インスタンスにインポートします。
Amazon RDS へのデータのインポート

具体的にはコマンドラインユーティリティを使用と書かれているが、mysqldump コマンドを使うということ。

Amazon RDS for MySQL DB インスタンスにデータをインポートするには、さまざまな手法を使用できます。最善の方法は、データのソース、データの量、およびインポートが 1 回実行されているのか、進行中であるのかによって異なります。
[送信元] 既存の MySQL または MariaDB データベース
[手法] コマンドラインユーティリティを使用して、Amazon RDS MySQL DB インスタンスに直接データをコピーします。
MySQL DB インスタンスへのデータのインポート - Amazon Relational Database Service


コマンドではなくGUIでやる方法

ツールを使うなら MySQL Workbench を使うと良い。
ツールを使う場合は以下の2ステップを実行する。

  1. 送信元のDB(ローカル)に接続してエクスポート操作を行う
  2. 送信先のDB(RDS)に接続してインポート操作を行う


まとめ

  • AWS(RDS)へのデータ移行はエクスポートとインポートが推奨されている
  • ツールで移行操作を行うならMySQL Workbenchを使う


役に立ったらシェアしてくれると励みになります。

にほんブログ村 IT技術ブログへ

-DB
-, ,

Translate »

© 2021 ITips