DB

AWS(RDS)のDBデータ移行の推奨方法

ローカルDBでテストしたデータをどうやってAWSのRDSに反映させれば良いのか。
AWSを扱い始めた開発者にとってはデータ移行は悩みの種。
そこで今回はAWSで推奨されているDBデータ移行方法について紹介する。



DB移行方法

AWSのサイトを見た感じ、基本はエクスポートしてインポートする模様。

既存のデータを RDS DB インスタンスにインポートするために必要な基本ステップは以下のとおりです。
1. ソースデータベースからデータをエクスポートします。
2. エクスポートしたデータをアップロードします。
3. アップロードしたデータを RDS DB インスタンスにインポートします。
Amazon RDS へのデータのインポート

具体的にはコマンドラインユーティリティを使用と書かれているが、mysqldump コマンドを使うということ。

Amazon RDS for MySQL DB インスタンスにデータをインポートするには、さまざまな手法を使用できます。最善の方法は、データのソース、データの量、およびインポートが 1 回実行されているのか、進行中であるのかによって異なります。
[送信元] 既存の MySQL または MariaDB データベース
[手法] コマンドラインユーティリティを使用して、Amazon RDS MySQL DB インスタンスに直接データをコピーします。
MySQL DB インスタンスへのデータのインポート - Amazon Relational Database Service


コマンドではなくGUIでやる方法

ツールを使うなら MySQL Workbench を使うと良い。
ツールを使う場合は以下の2ステップを実行する。

  1. 送信元のDB(ローカル)に接続してエクスポート操作を行う
  2. 送信先のDB(RDS)に接続してインポート操作を行う


まとめ

  • AWS(RDS)へのデータ移行はエクスポートとインポートが推奨されている
  • ツールで移行操作を行うならMySQL Workbenchを使う


ITipsと同じようなブログを作る方法

ブログに興味がありますか?

もしブログに興味がある場合は↓このページ↓を参考にすれば、ITipsと同じ構成でブログを作ることができます

サーバー、ドメイン、ASPと【ブログに必要なものは全て】このページに書きました。
同じ構成でブログ作るのはいいけど、記事はマネしないでネ (TДT;)

ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログへ

他にもブログやSNSで紹介してくれると励みになります。

はてブのコメントで酷評されると泣きます(´;ω;`)

-DB
-, ,

© 2022 ITips