機械学習

TensorFlowとGPUの対応メモ

TensorFlowとGPUの対応メモ

TensorFlowはNVIDIAのRTX20xx系GPUで動くのか。
少し調べたので「TensorFlowとGPUの対応メモ」として残しておく。


NVIDIAのGPUを使うにはCUDAが必要

以下Wikipediaにも書いてあるように、NVIDIAのGPUで計算するにはCUDAというソフトウェアを経由する必要がある。

NVIDIA製GPUにおいては、OpenCL/DirectComputeなどの類似APIコールは、すべて共通のGPGPUプラットフォームであるCUDAを経由することになる。
CUDA - Wikipedia


TensorFlow 1.x系はCUDA9まで

TensorFlow公式サイトを見るにTensorFlow 1.x系は CUDA9 までが対応している。
CUDA10 について書かれていないので、TensorFlow 1.x系は CUDA10 には対応していない。
Build from source on Windows  |  TensorFlow


TuringアーキテクチャはCUDA10から対応

NVIDIAのGPUであるGTX1080などの GTX10xx系 はPascalアーキテクチャ。
RTX2080などの RTX20xx系 はTuringアーキテクチャである。

そしてTuringアーキテクチャに対応したCUDAは CUDA10 からである。
CUDA - Wikipedia


結論

  • TensorFlow 1.x系はCUDA9まで
  • TuringアーキテクチャはCUDA10から対応
  • RTX20xx系はTuringアーキテクチャなのでTensorFlow 1.x系は対応していない

猛者はソースからビルドして動かしている。
以前「GPUは今が買い時」と書いたが、最新版を買った為にソフト側の対応を待たなければならないケースもあるので、要注意である。

【GPU】グラボの『買い時』とその理由【2019年】

最近TensorFlow2.0のアルファ版が出てきたので、今後は2.0系が主流になるだろう。


KRSW

駆け出し機械学習エンジニア。機械学習、DB、WEBと浅く広い感じ。 Junior machine learning engineer. Not a specialist but a generalist who knows DB, WEB too.

役に立ったらシェアしてくれると励みになります。
If you felt this article is useful, please share.
にほんブログ村 IT技術ブログへ

-機械学習
-

Translate »
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© ITips , 2020 All Rights Reserved.