Python

Pythonで現在の時間を取得する「now」メソッドの使い方

Pythonで現在時刻を取得したい。

そんな場合に使えるのがdatetimeモジュールの now() メソッド。

今回は now() メソッドの使い方を紹介する。

この記事を書いている人


システムエンジニア、AIエンジニアと、IT業界で10年以上働いている中堅。PythonとSQLが得意。最近GCPを色々と習得中。

記事を読むメリット

Pythonで現在の時間を取得する「now」メソッドの使い方がわかる


Pythonで現在の時間を取得する「now」メソッドの使い方

現在の時刻を取得するには now() メソッドを用いる。

now() メソッドは datetime モジュールをインポート呼び出す。

使い方としては以下の通り。

import datetime

# Now
dt1 = datetime.datetime.now()
print(dt1)
# 2020-12-06 16:57:56.281647




日時指定したい場合はdatetimeで直接指定する

import datetime

# Fixed datetime
dt1 = datetime.datetime(2020,12,16)
print(dt1)
# 2020-12-06 00:00:00



年、月、日などの取得も可能

年、月、日などの要素もdatetimeオブジェクトの属性 year,month,day として取得可能。

他にも時間 hour、分 minute、秒 second も取得できる。

import datetime
dt1 = datetime.datetime.now()

# year
print(dt1.year)
# 2020

# month
print(dt1.month)
# 12

# day
print(dt1.day)
# 6

# hour
print(dt1.hour)
# 17

# minute
print(dt1.minute)
# 7

# second
print(dt1.second)
# 25



まとめ

現在の時刻を取得するには now() メソッドを用いる。

now() メソッドは datetime モジュールをインポート呼び出す。



他にも時間を足し算引き算をする方法の記事もあるので、もし気になったら見て欲しい。

ITipsと同じようなブログを作る方法

ブログに興味がありますか?

もしブログに興味がある場合は↓このページ↓を参考にすれば、ITipsと同じ構成でブログを作ることができます

サーバー、ドメイン、ASPと【ブログに必要なものは全て】このページに書きました。
同じ構成でブログ作るのはいいけど、記事はマネしないでネ (TДT;)

ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログへ

他にもブログやSNSで紹介してくれると励みになります。

はてブのコメントで酷評されると泣きます(´;ω;`)

-Python
-

Translate »

© 2022 ITips