開発

Oracle Cloudで「Out of host capacity」エラー

Oracle Cloudで「Out of host capacity」エラー

Oracle Cloudで
「Out of host capacity」
というエラーになってしまい、コンピュート・インスタンスが作成できずに失敗する。

今回はこの「Out of host capacity」エラーの原因について紹介する。


コンピュート・インスタンスとは

コンピュート・インスタンスとはAWSで言うところのEC2、つまり仮想サーバーだ。


何故Oracle Cloudでコンピュート・インスタンスを作りたいのか

クラウド環境の有名どころとして以下がある。

Oracle Cloudはこれらに次ぐ第4のクラウド環境だが、
何故Oracle Cloudでコンピュート・インスタンスを作りたいのか


それはコストだ。


先の3つにOracleを加えた4つのクラウドサービスのうち、仮想サーバーを無料で使えるのはGCPとOracleのみ

そしてOracleの場合は仮想サーバーだけでなくデータベースにも無料枠があるので、個人で無料スタートするには最も良い環境なのである。

しかしOracleで作ろうにも
Out of host capacity
のエラーが発生してしまう。


"Out of host capacity"の発生手順

Out of host capacityコンピュート・インスタンスの作成中に発生する。

そのコンピュート・インスタンスを作成するにはメニューから以下を選択する。

コンピュート -> インスタンス
コンピュート・インスタンス
コンピュート・インスタンス



するとコンピュート・インスタンスを作成する画面が表示される。

しっかり Always Free と記載されているので是非とも作りたいところ。

コンピュート・インスタンスの作成
コンピュート・インスタンスの作成



しかし設定を終えて「作成」をクリックすると、Out of host capacity のエラーが発生してしまい、コンピュート・インスタンスを作成できない。

Out of host capacity
Out of host capacity



一体Out of host capacity とは何なのか。



"Out of host capacity"の原因

"Out of host capacity"の原因

この問題はOracleCloudにAlwaysFreeのコンピュート・インスタンスが追加された2019年9月から確認されている。

原因はメッセージの通り 容量不足

「容量がいっぱいでもうコンピュート・インスタンス作れません」
という状況なわけだ。

これについてOracle公式チャットにて問い合わせたところ、Oracle Cloud側でもう空きがない状態でユーザ側の問題ではないとのことでした。とにかく空きがでるまで待機するしかないようでした。私もアカウントを登録して3日間ぐらいはずっと同じエラーが表示され作成できませんでした。「Always Free」が発表されてユーザが増えてまだリソースの確保が追いついていないのかもしれません。



まとめ

Oracle Cloudの Out of host capacity の原因は容量不足。

しかし4ヶ月以上経過した2020年2月になっても状況が変わっていない。
こうなるとコンピュート・インスタンスの復活がいつになるのか、そもそも復活するのか不安である。


関連書籍


KRSW

駆け出し機械学習エンジニア。機械学習、DB、WEBと浅く広い感じ。 Junior machine learning engineer. Not a specialist but a generalist who knows DB, WEB too.

役に立ったらシェアしてくれると励みになります。
If you felt this article is useful, please share.
にほんブログ村 IT技術ブログへ

-開発
-,

Translate »
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© ITips , 2020 All Rights Reserved.