ソフトウェア

【簡単】Macで右クリックからテキストを新規作成する方法


MacでWindowsみたいに右クリックからテキストファイルを新規作成したい

WindowsユーザーがMacを使い始めると気付く不自由な点。

それは右クリックから新規ファイル作成ができないこと。

右クリックすると「新規フォルダ」は出てくるのに、何故か「新規テキスト」は出てこない

これではちょっと不便。

そこで今回はMacで右クリックからテキストを新規作成する方法について紹介する。

この記事を書いている人


からさん
システムエンジニア、AIエンジニアと、IT業界で10年以上働いている中堅。PythonとSQLが得意。長年Windowsユーザー。プライベートはWindows、仕事ではMacを使っており、なるべく操作感が変わらないような環境設定にしている。

記事を読むメリット

Macで右クリックからテキストを新規作成する方法がわかる


Macで右クリックからテキストを新規作成する方法


Macで右クリックからテキストを新規作成する方法だが、やり方としては2種類ある。

Macの右クリックから新規テキスト作成する方法

  • macOSのサービスにテキスト新規作成用のコードを登録する
  • アプリを使って右クリックメニューを追加する



  • macOSのサービスにテキスト新規作成用のコードを登録する


    こちらは特に何もインストールせず、macOSの機能の中だけで解決する方法。

    step
    1
    automatorを起動する

    まずは command + スペース でSpotlight検索窓を表示し、automator.app を起動する。


    step
    2
    「クイックアクション」を選択

    mac automator 起動

    automatorを起動すると上のような画面になる。

    mac automator クイックアクション
    「クイックアクション」を選択

    表示されたメニューの中から「クイックアクション」を選択。


    step
    3
    「受け取る項目」の変更

    automator 「受け取る項目」の変更
    「受け取る項目」の変更

    画面右上に表示されている「ワークフローが受け取る現在の項目」を「ファイルまたはフォルダ」に変更する。


    step
    4
    アクションとして「AppleScriptを実行」を選ぶ

    automator AppleScriptを実行
    AppleScriptを実行

    左側のアクションメニューから「ユーティリティ」の中の「AppleScriptを実行」を選んでダブルクリックする。


    step
    4
    コードを貼り付ける

    automator コードを貼り付ける
    コードを貼り付ける

    AppleScriptを実行のコード欄に以下のコードをコピペする。

    そして「▶」「■」「ハンマー」のボタンが並んている中の「ハンマー」ボタンを押す

    on run {input, parameters}
      tell application "Finder"
        set currentPath to insertion location as text
        set x to POSIX path of currentPath
      end tell
      return x
    end run
    


    step
    5
    コードで取得したフォルダ情報を変数に格納

    automator 変数の値を設定
    変数の値を設定

    コードを記入したら画面左側の「アクション」の中から「ユーティリティ」→「変数の値を設定」を選んで、右側にドラッグ&ドロップする。

    すると表示された青枠の中の「変数」欄に「新規変数」と表示されているのでクリックする。

    automator 新規変数
    新規変数

    そして変数の名前を付ける。
    変数の名前は何でも良い


    step
    6
    「新規テキストファイル」のアクションを設定

    automator 新規テキストファイル
    新規テキストファイル

    変数設定と同じように「テキスト」→「新規テキストファイル」をドラッグ&ドロップする。


    そして画面下部の「変数」欄から先程設定した変数(ここでは「カレントディレクトリ」)を、「場所」欄へドラッグ&ドロップする。


    step
    7
    保存する


    保存

    最後に保存する。



    automatorで右クリック設定した結果

    では設定した右クリックメニューを使ってみる。


    フォルダを右クリックして「テキストファイルの作成」を選ぶと

    「名称未設定.txt」というテキストファイルが作成される。



    さてここで問題があることに気づいた方はいるだろうか。


    少年
    これ、フォルダを選択して右クリックしてるけど、何も無いフォルダの中だったらどうするの?
    ・・・
    からさん


    そう。

    この右クリックのクイックルックを呼び出すには、ファイルもしくはフォルダとして右クリックする対象が必要となる。

    つまり何も無いフォルダの中ではこの操作はできない

    なのでWIndowsの右クリックからのファイル作成に比べてかなり使いづらいものとなる。


    少年
    新規テキストファイル作りたい場合にフォルダの中にファイルもしくはフォルダがあるとは限らないから、この方法って使いづらいよ・・・
    そうなんですよねぇ・・・
    からさん



    アプリを使って右クリックメニューを追加する


    automatorによる方法が使いづらいとなると、別の方法が必要になる。

    ではどんな方法があるかというと、デフォルトの機能ではなくアプリを使って右クリックメニューを追加する方法となる。


    使うのは「Create File Menu」という無料アプリ。


    導入手順はAutomatorに比べてかなり簡単

    step
    1
    インストールする

    Create File Menu
    「Create File Menu」

    App SToreにアクセスして「Create File Menu」をインストールする。



    step
    2
    Finderに拡張メニューを表示許可をする

    Create File Menu 起動
    Create File Menu 起動

    Create File Menuを起動すると上のような画面が出てくる。

    まずCreate File MenuがFinderに拡張メニューを追加する許可をする必要があるので、画面右下の「Open System Preferences」をクリックしてシステム環境設定の画面を開く。


    Create File Menu システム環境設定
    Create File Menu システム環境設定

    するとCreateシステム環境設定の画面に「Create File Menu」の拡張設定が表示されるので、「Finder機能拡張」にチェックを入れて拡張設定を許可する


    step
    3
    拡張メニューを許可するフォルダを設定

    Create File Menu フォルダ許可
    Create File Menu フォルダ許可

    システム環境設定でFinderへの拡張を許可したら、次は動作フォルダの許可を設定する。

    左サイドメニューの「Enable Folders」を選ぶと許可するフォルダを設定する画面となる。

    右上の + ボタンから追加フォルダを設定する。

    基本的にはどこで動いてくれても良いので「書類(Documents)」フォルダを丸ごと許可すれば良いだろう。



    step
    4
    新規作成するファイル種別を設定

    Create File Menu 新規作成するファイル
    Create File Menu 新規作成するファイル

    「Manage」のメニュからは新規作成するファイル種別を設定できる。

    デフォルトでテキストファイルとリッチテキストが選択されているので、このままで良ければ特に変更する必要はない



    アプリで右クリック設定した結果

    ここまで設定すると、Finderの右クリックに「Create File Menu」が追加される。

    そして中の「Text File」を選ぶと

    テキストファイルが作成されるようになった。


    少年
    Automatorよりもこっちの方が全然良いじゃん
    こっちだけ設定しておけばいいですよね
    からさん


    ちなみにアプリを閉じる際に、次回からmacOS起動時に自動起動するようにするかどうか確認してくるので、OK(「Yes,Allow.」)すると次回から自動で起動してくれるようになる

    Create File Menu 自動起動許可
    Create File Menu 自動起動許可



    まとめ

    今回はMacで右クリックからテキストを新規作成する方法について紹介した。

    方法としては以下の2つがある。

    Macの右クリックから新規テキスト作成する方法

  • macOSのサービスにテキスト新規作成用のコードを登録する
  • アプリを使って右クリックメニューを追加する

  • オススメは2番目のアプリで設定する方法

    アプリは「Create File Menu」を使う。

    設定も出来上がりも「Create File Menu」で設定した方が良い。

    Windowsに慣れ親しんだユーザーであれば是非設定しておきたい。


    少年
    ていうかmacOSの標準機能としてFinderに組み込んでほしい
    ほんそれ
    からさん




    他にもWindowsからMacに乗り換えた場合のオススメ設定についてまとめているので、是非見てみてほしい。

    役に立ったらシェアしてくれると励みになります。

    にほんブログ村 IT技術ブログへ

    -ソフトウェア
    -,

    Translate »

    © 2021 ITips