ソフトウェア

Chromeの住所自動入力を無効にする方法(オートコンプリート)


Chromeの住所自動入力を無効にしたい


WEBブラウザとしてシェアの高いGoogle Chrome。

その機能のひとつとして住所の自動入力補完機能(オートコンプリート、オートフィル)がある。

一見便利そうな機能だが、実際使ってみるとうまく入力できなかったり不便だったりする。

特に懸賞サイトなどでは同じフォームには前回と同じ内容を記入したいのに、自動補完機能が記録した住所セットを呼び出して入力フォームがずれる


自動入力させてみたものの、郵便番号のハイフン有無、住所項目が「住所1」「住所2」と分かれてたりするからなぁ。。。
ズレると修正しなきゃいけないので余計に手間がかかるという。


使い勝手が悪いのでなんとか住所セットの呼び出しを無効化したい。

そこで今回はChromeの住所自動入力を無効にする方法について解説する。

この記事を書いている人


システムエンジニア、AIエンジニアと、IT業界で10年以上働いている中堅。PythonとSQLが得意。WEBブラウザはChromeにツリータブ系のプラグインを追加して使用している。

記事を読むメリット

Chromeの住所自動入力を無効にする方法がわかる


Chromeの住所自動入力を無効にする方法


Chromeの住所自動入力を無効にするには、Chromeの設定を変更する。

公式にも情報はあるが、以下手順について説明していく。


step
1
Chromeのメニューを開く


Chromeのメニューを開く

まず画面右上の三点リーダ ... のようなマークをクリックしてメニューを開く。


step
2
設定を開く


Chromeの設定を開く

そして出てきたメニューの中から「設定」を開く


step
3
自動入力の住所設定を開く


自動入力の住所設定を開く

設定を開くと「自動入力」というメニューの中に「住所やその他の情報」という項目があるので、それを開く。


step
4
保存されている住所を削除する


保存されている住所を削除する

住所の項目を開いたら、中にいくつか住所が保存されていると思うので住所データを削除する



(注意)機能を無効化してはいけない

住所データの上に「住所の保存と入力」って項目が見えるけど
これのチェックを外して無効化するんじゃダメなの?
ダメディス!
何故にオンドゥル...


「住所の保存と入力」は無効化してはいけない。

これを無効化すると住所セットだけでなく、「同じフォームに前回何を入力したか覚えておく機能」まで無効化されてしまう


無効化すると補完機能まるごと使えなくなる

なので住所セットだけ使いたくない場合は、住所を削除するのに留めておくのが良い。



まとめ


今回はChromeの住所自動入力を無効にする方法について解説した。

重要なポイントとしては以下の通り

Chrome住所自動入力無効化のポイント

  • Chromeの設定から自動入力の住所データを削除する
  • 自動入力そのものを無効化すると、同じページでの入力情報さえ再利用できなくなるので住所データだけ削除すると良い

  • Chromeには「住所セットを記憶する機能だけ無効化する設定」をつけてほしいですね



    他にもGoogle関連で、キーワードを工夫して目的の情報探す方法オススメのツリータブプラグインについても記事にしているので、気になったら覗いてみて欲しい。

    ITipsと同じようなブログを作る方法

    ブログに興味がありますか?

    もしブログに興味がある場合は↓このページ↓を参考にすれば、ITipsと同じ構成でブログを作ることができます

    サーバー、ドメイン、ASPと【ブログに必要なものは全て】このページに書きました。
    同じ構成でブログ作るのはいいけど、記事はマネしないでネ (TДT;)

    ランキング参加中

    にほんブログ村 IT技術ブログへ

    他にもブログやSNSで紹介してくれると励みになります。

    はてブのコメントで酷評されると泣きます(´;ω;`)

    -ソフトウェア
    -, ,

    Translate »

    © 2021 ITips