WEBサービス

【閲覧注意】生物系のYouTubeオススメ動画

【閲覧注意】生物系のYouTubeオススメ動画

コロナショックで未だに不要不急の外出は控える雰囲気の昨今。
それまでは屋外での活動がメインだった人たちも屋内で活動するようになり、「屋内でできる楽しみ」を求めるようになった。

そのひとつが動画。
TV番組や映画を視聴するのであれば、 U-NEXTABEMAFODプレミアム あたりに申し込むと満足できるだろう。

しかし有料サービスで動画を楽しむ他にも、無料のYouTubeで楽しむという方法もある。
TV番組や映画については権利の関係で視聴できるのは一部のみだったりするが、見方を変えればYouTubeにはテレビとは異なる視点で作られた面白い動画が沢山ある

今回はそんなYouTubeの動画の中で、筆者のオススメ動画を紹介する。
虫とかいっぱい出てくる生物系の動画なのでかなり好みが分かれるので要注意。


生物系のYouTube動画のオススメポイント

今回は生物系のYouTubeオススメ動画を紹介するのだが、まず前提として筆者の興味ポイントを共有しておく。

筆者の興味のポイントは以下のような点にある。

生物系動画の興味ポイント

  • 生物AとBを条件Cで戦わせたらどうなるか
  • 生物Aに餌Dを与えたらどうなるか
  • 大量発生した生物Eの駆除
  • まぁこんあ感じで簡単に言えばムシキングの延長みたいな感じ。
    どっちが強いかについて興味を満たしたり、たくさん発生している生物を一掃するところを見て爽快に思ったりする。
    捕食シーンとかもあるので倫理的には優しくない

    なので趣味があわない場合はこの先は見ないほうがいいかもしれない。

    少年
    ムシキングっていうか無双系
    そっちの方が近いか。
    薙ぎ払いたい。
    からさん
    少年
    (それ、数のパワーに負けちゃうやつじゃん)
    少年
    でも基本有名どころを見てるんだろ?
    みんな知ってるんじゃないの?
    うーん、そうかも。
    からさん
    ただYouTubeの仕組みって「自分の見た動画」にかなり近い動画を推薦してくるので、かなり偏るんだよね。
    からさん
    少年
    まぁそうなるね。それが?
    偏るにしても変化の幅みたいなものを残しておきたくて、英語の動画も見るようにしてるから、英語苦手な人には新しい発見になったりするかも。
    からさん
    少年
    なるほど。
    確かに意図的に探しに行かないとYouTubeでは同じ人の動画を見続けることになるから、海外系の動画はチャンネル登録者数が多いものでももしかしたら知らない人はいるかもね


    生物系のYouTubeオススメ動画

    そして最近筆者がよく見ている生物系のYouTubeオススメ動画はこちらになる。

    生物系のYouTube

  • おーちゃんねる
  • chありじゃむ
  • Hornet King
  • Anthill Art

  • おーちゃんねる

    生物観察の鬼こと「おーちゃん」のチャンネル。

    カナヘビ、ヒキガエル、カマキリなど色々な生物を飼育しながら動画として投稿している模様。
    ときどき外に遠征して生物採取するシーンや、外にあるアリの巣やアリジゴクにイタズラする動画もあったりする。

    よく出てくるのはスズメバチ
    スズメバチにモンスターエナジーを与えてみたり、酵母使って二酸化炭素攻めにしてみたり、ヒキガエルに与えてみたり、色々な実験をしていて毎回小学校の理科の実験を見ているようで面白い

    かなりオススメのチャンネル。


    chありじゃむ

    このチャンネルはタイトルにあるように「アリ」に着目したチャンネル。

    様々な蟻をアクリルケージの中で巣ごと育てており、時折アリの巣を別の生物を入れたBOXに接続して対決させている。

    単体としての対決ではなく、アリの集団としての強さがわかる動画がたくさんあって面白い

    アリの他にも「ムカデの卵を別のムカデに与えたらどうなるか」「ゴキブリに激辛の餌を与えて育てたらどうなるか」など色々な実験もしていて見ごたえがある。


    Hornet King

    「Hornet King」はスズメバチの駆除動画を扱っている海外系のチャンネル。

    スズメバチの駆除動画は日本にもあるが、このチャンネルの特徴的なところは駆除後にある

    駆除には殺虫剤を使わずに、巣は生きた状態で捕獲される。
    中には幼虫がぎっしり詰まっている。

    そして捕獲された幼虫はニワトリの餌にされてしまう

    この様子。

    まるで人間の迷惑になる場所に巣を作ったスズメバチに対するお仕置きに見えてしまう。
    (完全に人間本位のエゴイズム的な見方ではあるが)

    どこかから
    「お仕置きだべぇー」
    って聞こえてきそう
    からさん
    少年
    古いよ!古すぎるよ!

    この昭和の勧善懲悪モノのような構成がなんとも言えず、他のの動画も見てしまう。

    スズメバチや幼虫がうじゃうじゃいるシーンに抵抗が無ければオススメしたいチャンネルだ。


    Anthill Art

    最後のAnthill Artには生物は出てこない。
    何故なら熱したアルミを巣に投入されて全滅させられるから。

    Anthill Artではアリの巣に熱したアルミを流し込む。
    そして後でアルミを掘り出して洗浄すると、アリの巣の形をしたアルミが出来上がる。

    誰もが子供の頃にやったであろう「アリの巣への水攻め」。
    これを大人レベルに昇華したのがこのチャンネルの醍醐味だろう。

    アリ側からすると地獄のような仕打ちではあるが、そのあたり気にならない方にはオススメのチャンネルである。

    コチラもオススメ

    KRSW

    駆け出し機械学習エンジニア。機械学習、DB、WEBと浅く広い感じ。 Junior machine learning engineer. Not a specialist but a generalist who knows DB, WEB too.

    役に立ったらシェアしてくれると励みになります。

    にほんブログ村 IT技術ブログへ

    -WEBサービス
    -

    Translate »

    Copyright© ITips , 2020 All Rights Reserved.